高級感ある木目のグリップ「フリクションボール ウッドモデル」は大人の雰囲気を演出するよ

フリクションボール ウッドモデル

私はPILOT(パイロット)のこすると消えるフリクションのボールペンを、シャープペンの代わりとして、日々メモを書いたり、仕事でも使っています。

最初は普通のタイプの「フリクションボール3」を使っていましたが、軽い書き心地やチープな感じが好きになれませんでした。

そこで、普通のタイプと比べて値段が3〜4倍くらい高い高級の「フリクションボール Wood(ウッド)」に乗り換えました。

乗り換えて良かったと思えるので紹介します。

「フリクションボール ウッドモデル」のここが良い

重量があり、ちょうど良い重さで書きやすい

プラスチック製の普通のタイプ(上)よりずっしり重くて、手に馴染みとても書きやすい。

手に馴染む重さとでもいいましょうか。それがすごく良い!

一度でもウッドモデル(下)を使うと、もう普通のタイプには戻れません。

高級感ある木目のグリップが指にフィットする

グリップ部に木材を採用し、木目をそのまま活かすことで、1本1本が異なる模様となっています。

さらに、そのグリップが指にフィットする感じが素晴らしい!

大人の雰囲気を演出する

20代の若手なら普通のチープなタイプでもいいのですが、私のように40代になると流石にチープな感じは避けたいものです。

そこで、ウッドモデルを使うと、フリクションボールでありながら、高級感ある大人の雰囲気を演出できます。

ミドルエイジにこそ使って欲しい道具だと思います。

まとめ

フリクションボール Wood(ウッド)」は普通のモデルより高価です。

高価だから大事に使いますし、材質もこだわっていて書き心地など使っていて心地よいです。

私は日々使う道具は、良いものを長く使いたいと思っています。

そういう私と同じ考えの人におすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.